ParmoSensePlatform for participatory mobile urban sensing

ParmoSenseは、街歩き・観光・地域イベントなどの参加者が、互いに「位置情報」に紐づく「情報」をリアルタイムに共有するためのプラットフォームです。

また、リアルタイムな情報共有にとどまらず、共有されたデータの整理・解析により、都市環境情報を整備するためのアプリ*1としても利用することができます。

収集したデータは、Web API 経由で、XMLやJSON、KMLなど、オープンデータとして利用可能な形式として出力可能です。マッピングパーティやFix My Streetといった地域活動を支援することができます。

*1 ユーザ参加型モバイルセンシング

ParmoSense をもっと知る

Eventsイベント

ParmoSenseは、学術研究や地域活動をはじめ、さまざまな用途に活用できます。
学術研究の実証実験や、地域のスタンプラリー・街歩きイベントなどですでに実稼働しています。

Development Team開発チーム

ParmoSenseは、奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 ユビキタスコンピューティングシステム研究室 スマートシティ研究グループが開発しています。

開発チームメンバーについて

Downloadダウンロード

ParmoSenseは以下のリンクからダウンロード可能です。
端末のスペック要件についてはこちらをご確認ください。

端末スペック要件を確認する